美容系 PR

【AGA治療レビュー②】本当に生えるの?2年間使ってみての感想

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

一年前に書いたAGA記事の続きです。

2022年からAGA治療を始めました。

実際に2年間服用してみての経過と感想を紹介していきます。

今始めようか悩んでいる人始めるきっかけになってくれたらと思います。

服用している薬

デュタステリド

デュタステリドはどちらかというと毛を抜けにくくする薬。

フィナステリドと同じ部類に入り、フィナステリドよりもより強力な効果があるようです。

そのため副作用もリスクもフィナステリドよりも高いと言われています。

ミノキシジル

よく耳にするミノキシジル。これは発毛効果が期待できます。

内服薬で飲むタイプと外服薬で塗るタイプのものがあります。

AGA治療をした経過と感想

1年半経過

正直1年間が終わってから、そこまでの変化は見られませんでした。

また1年半を経過したところからは、ミノキシジルの服用を徐々に減少させていきました。

2年経過

ミノキシジルの服用をやめてからか、秋頃から抜け毛がひどくなり始めました。

色々調べると、秋から冬のかけて抜け毛が増えるのはよくあるみたいで、

1月頃から抜け毛も少なくなり始め、新しい毛も少しずつ生えてきました。

今後はデュタステリドのみを服用して行く予定です。

副作用について

副作用については以前の記事で書いた通り、体毛が濃くなったことが挙げられます。

ただこれに関してはミノキシジルが原因だったので、服用をやめてからは元の濃さに

戻りました。

またこれは個人差があると思いますが、性欲も少し低下したかなと思います。

そのほかには特に副作用はありませんでした。

まとめ

2年間服用してみて思ったことは、デュタステリドだけでも十分効果があること

ミノキシジルはその効果をブーストさせるものだということ

クリニックの方からの説明通りではありますが、

実際に効果を実感してみて、改めて治療を始めて良かったと思います。

今後はもう一年毎日デュタステリドの服用を続けて

その後は、飲む頻度を減らそうかなと考えております。