台湾

台湾で英語は通じるの?実際に住んでみて感じた台湾人の英語とは?

これから台湾に旅行にいく方でこんな心配されている方はいませんか?

「私、中国語は全く話せないんだけど大丈夫かな」

「英語なら少しだけ話せるけど、台湾人はどうなんだろう」

こんな心配されている方いませんか?

僕も以前は英語圏に留学経験があるのでの英語なら少しは話せるので、これはすごく気になりました。

やっぱり言葉が通じないってすごく不安ですよね。

実際に僕が台湾に住んでいてわかった、台湾人の英語能力についてや友達から聞いた台湾の英語教育についてなど、

僕が感じたことなどをお伝えしていきます!

台湾で英語は通じるの?

台湾人の英語能力はどれぐらい?

まず通じるかについてですが僕が実際に住んで感じたのは、

台湾人は大体の人が少しは英語ができるということです。

日本人に比べたら、正直台湾人の方ができるイメージがあります。

あくまで個人的な意見です。。。笑

なぜできるのかというと、、、、

・観光客慣れしている
・台湾の英語教育良い
・海外への関心が高い

以上の理由があると思います。

1つ目、「観光客慣れしている」についてですが、これは説明する必要もないですよね。

やはり台湾は日本のみならず色々な国の方が訪れます。

英語は接客する上で必要なことです。

なので接客英語程度はできる方が多かったです。

2つ目、「英語教育が良い」というのは、日本と比べるとという話ですが、

ここでは詳しく説明しませんが、日本の英語教育よりも話すことに重点を置いているように、友人からの話を聞いて感じました。

というか、その友人が英語ペラペラなんで、そのイメージもあるかもしれませんが。笑

3つ目、「海外への関心が高い」、これは本当に感じました。

特に若者は海外へ行きたい方が多いようです。

日本と一緒で島国というのもあるかもしません。

また収入に関しても関係してそうですね。やはり台湾の年収などは低いです。

なので、海外に行って稼いでやる!っていう若者がドンドン増えているようです。

観光スポットではどうなの?

色々な観光スポットに行きましたが、ほとんどの台湾人は英語が話せました。

あまり話せない台湾人もいましたが、しっかりリスニングはしてくれて、ジェスチャーで答えたりしてくれる方もいました。

台湾は日本人に限らず、多くの外国人観光客が来るだけあって、有名な観光スポットでは英語を話せるスタッフを積極的に採用しているイメージでした。

逆にこっちが英語を話せるとわかるとすごい積極的にもてなしてくれる可能性も上がります。

僕の経験だと、九份のお店のほとんどは日本語を話せるスタッフがいると思います。

なぜなら九份の観光客のほとんどが日本人か韓国人だからです。笑

向こうから日本語で話かけてくる人もいらっしゃいます。

ローカルな飲食店では?

有名な観光スポットでは当たり前のように英語を話せるスタッフがいましたが、

ローカルなお店などではどうなのでしょう?

これは本当にバラつきがありましたが、基本的な英語はもちろんスタッフの方も使えるので問題ないです。

辛い物がダメは場合は、

「No スパイシー」と伝えれば問題ありません。笑

とう言うか、向こうから聞いてきてくれることも多いです!

他にもほしい物があれば、

「ディス プリーズ」と伝えればくれます。笑

なので、ローカルのお店だからと心配する必要はないでしょう。

台湾の英語教育

日本との英語教育違いは?

日本では最近になって、小学校でも本格的に英語の授業が話され始めました。

台湾ではすでに英語が教科としてあります。

なので、日本人と比べると英語を学ぶ時間は少しだけ長いと言えるでしょう。

僕の友達 のほとんどは英語を話せる方でしたが、小学校のときから英語を習っていたと言っていました。

日本よりも英語に対する意識が高いのかもしれませんね。

日本と比べると勉学への意識が違う?

台湾では英語に限ったことではないのですが、日本に比べると勉強の意識が高いように感じました。

友人から聞いた話では、ほとんどの家庭では小学校のときから塾に通わせるのだとか。

また中学校は部活などは入らず、勉学を優先させるという話も聞きました。

スポーツができる子供は、早い段階でスポーツクラスに入れられるようです。

なので、台湾では勉強するのが当たり前の環境が学生同士であるようですね。

台湾には多くの頭の良い学生がいることも頷けます。

台湾人には英語より日本語の方が通じる!?

英語より日本語の方が通じるかもしれない

ここまで英語について書いてきました。

でも実は英語も通じますが、日本語の通じることもあります。

主な理由は、、、

・大学に日本語学科がある
・日本の文化が大好き
・以前日本の植民地だった

1つ目、「大学に日本語学科がある」ですが、

実際に僕の台湾人の友達も大学で日本語学科に通っていたらしく、

すごく人気だったと言っていました。

ですが、最近は韓流ブームでもあり若い学生などは韓国語を学ぶ方も増えていて、

年々日本語を学ぶ学生も以前よりは減っているようです。

2つ目、「日本の文化が大好き」については後ほど説明します。

3つ目、「以前は日本植民地だった」これは以前台湾が戦争で日本の植民地だった時代に、

子供たちに日本語を習わせていたので、今のおじいちゃんやおばあちゃん世代は日本語を少し話せる方がいるのです。

ここで少しに僕が体験した日本語のエピソードを紹介します。

僕が台湾に着いたばかりの頃の話なんですが、

薄手の毛布を買おうと、台湾のホームセンターを訪れたのですが、

まだ台湾に着いたばかりだったので、中国語が使えなかった僕はレジに買うものを持って言ったときはすごく不安でした。

しかもホームセンターだったので、どんなことを聞かれるかわかりません。

でも、まあどうにかなるだろうと、レジに物を持っていくと、案の定中国語でなにか尋ねられました。

全く聞かれたことがわからなかったので、

「ソーリー?」

と、英語で聞き返しました。

すると、その店員は、、、なんと、、、

「日本人の方ですか?」

と、、、、え。日本語?

ってなりました。笑

まさかホームセンターで日本語が話せる台湾人に出会えるとは思ってなかったので、驚きました。笑

その時の店員さんは天使に思えました。笑

こんな感じで、台湾にはどこに日本語を話せる人がいるかわかりません!

もしかすると台湾に行って、隣にいきなり日本語を話せる台湾人がいるかもしれません。

くれぐれも日本語だからと言って、台湾の悪口などは言わないようにしましょう。笑

台湾人は日本が大好き

先程の理由にもありましたが、台湾人の方は親日家が多いです。

その理由としては、、、

・日本の製品は良いイメージが強い
・日本の文化が好きな人が多い(特にアニメ)

この2つが僕が考える台湾人が日本を好きな理由です!

他に色々ありますが、最近の若者はこういった理由の方が多いです。

1つ目、「日本の製品は良いイメージが強い」

これは台湾に行けばすぐにわかります。

どこを見渡しても日本のお店や日本の製品が目に入ります。

特に台北に関しては本当に多いです。

それだけ日本の製品が愛されているというわけですね!

2つ目、「日本の文化が好き(アニメなど)」

これも日本を好きになる主な理由の一つでしょう。

アニメに関しては、台北に「アニメイト」ができてしまうぐらい人気です。

僕も実際にアニメイトを訪れましたが、本当に日本の漫画やアニメがズラッと並んでいました。

ついでに、台湾人のオタク達も見ることできてすごく新鮮でした。笑

台湾人が思う日本人の印象

実際に台湾人に日本人の印象を聞いてみましたが

少なくとも僕が知り合った台湾人は日本にすごくいい印象を持っていました。

その理由は様々ですが、

「日本人はすごく真面目で礼儀正しい」

というのが、日本人の平均的なイメージだそうです。

まあ良く聞くイメージではありますが、こういったイメージを持たれている嬉しい限りです!

まとめ

ここまで台湾での英語事情について書いてきましたが、

結論は、大体通じるということです。

これは年齢が若くなるに連れて英語を話せる人が多くなります。

また台湾人はとにかく優しいです。

もし英語が通じなくても何も問題はありません。

観光スポットなどは日本とは違う「おもてなし」を感じられました。

すごくフレンドリーな方が多く、親しみやすいのも日本人の方たくさん台湾を訪れる理由の一つでしょう。

是非これから台湾にいく方は楽しんできてください!