台湾

台湾の臭い対策ってないの?持参必須なアイテムとは?

台湾から帰ってきた方に感想を伺うと決まって言われることがあります。

「台湾の臭いって〇〇だった」

「〇〇の臭いがやばかった」

などなど、臭いに関することを良く聞きます。

間違ってほしくないのは、台湾は良いところです。

僕も少し住んでいたのでわかりますが、とても住みやすいばしょではないでしょうか。

臭いに敏感な日本人にとって、台湾の臭いは少しキツイかもしれません。

原因は色々あるのですが、大半は食べ物の臭いです。

僕も台湾に滞在中は本当に臭いに苦しめられました。

すぐに慣れた臭いもありましたが、ずっと慣れない臭いもありました。

そこで僕の実体験を元に思いついた臭い対策役に立ったアイテムなどご紹介します!

なにか対策はないの?

台湾に行く前にできる対策

早速なにか具体的にできる対策がないか考えてみました。

1、マスクは必ず持っていく
2、お気に入りの服を着ていかない
3、ファブリーズなどを持っていく
4、ガムをたくさん持っていく

目新しいものなくない?

って思われるかもしれませんが、とても重要です!

一つずつ理由を解説していきます。

マスクは必ず持っていく

マスクは必ずと言っていいほど持っていったほうが良いアイテムの一つです。

臭い対策はもちろんのこと、台湾の空気は綺麗な場所も多いですが、バイクがとても多く普及しているので、

空気はあまり綺麗とは言えません。

そのための対策にもなります。

台湾でもマスクを買うことができるのですが、本当に値段が高いです。

日本の物が数多く売っているドラッグストアもありますが、日本の倍以上の値段がするので注意しましょう。

なので、事前にマスクは必ず持っていくことをオススメします。

お気に入りの服を着ていかない

お気に入りの服は着ていかないことをオススメしています。

それは、臭いがつくことはもちろんあります。

特にこれから紹介する台湾の代表的な〇〇の汁なんかが着いた日には最悪です。

二度と着れなくなるかもしれません。

また台湾は屋台が多く、食べ歩きをすることが多くなります。

なので、もちろんなにかをこぼす、たらすなどのリスクも高くなるでしょう。

これで僕が何回涙したことか。。。

基本食べやすくはなっていますが、食べ歩きに慣れていない人は気をつけましょう!

それ以外にも、台湾はほとんどの日が曇りもしくは雨なので、濡れる可能性も高いです。

以上の理由からお気に入り、特に高い服などはあまりオススメしません。

ファブリーズなどを持っていく

ファブリーズやリセッシュなども予め持参するようにした方がいいでしょう。

飛行機などは小さい容器に入れたりすることで、持ち込むことができます。

どうしてもダメな場合は、台湾でももちろん買うことができますが、これも例外なく値段が高いです

僕は事前に買わなかったばかりに現地調達となってしまいました。

最初から予想できていればしなくてもいい出費でしたよね。

なので、臭いが気になるかたは持っていくことをオススメします。

ガムをたくさん持っていく

口臭対策です。

ガム以外にも、タブレットなど口臭対策の物は数多くありますが、僕はガムを噛んで対策していました。

臭い物を食べないなら大丈夫でしょ。

と思われる方もいるかも知れませんが、そんな簡単な話ではないのです。

台湾の大半の食べ物には臭いが強い香辛料などが入っているため、気づかないうちに口臭がその臭いになっているかもしれません。

僕は友達に口が臭いとめっちゃ避けられた記憶があります。笑

またやはりお菓子なども日本の物は倍以上の値段で売っていることが多いので、

事前に持っていける場合は、荷物にもなるわけではないので持っていくようにしましょう!

台湾に着いたあとにできる対策

では台湾についたあとにできる対策について考えてみました。

1、臭い物を売っているお店を極力避ける
2、とにかくスプレーしまくる
3、臭い物を食べたあとはガムを噛む

先程と重複している物もありますが、これぐらいでしょうか。

臭い物を把握して極力避ける

これは正直難しいことかもしれませんが、できなくはないです。

事前になにが臭いのか、臭いがすごいのか把握しておくようにしましょう。

とにかくスプレーしまくる

もし臭い物を食べたあとはに気になるようなら、事前に持ってきたファブリーズでもリセッシュでもスプレーしまくりましょう。

正直普通に食べる分には臭いがつく心配はそこまでする必要ありませんが、念には念をということで。

僕は一度だけすごい臭い物が服に着いたことがありますが、ファブリーズでどうにかごまかしていました。

また外を歩いているだけでも、バイクのガスなどがすごいのでそこも気をつけたいですね。

臭い物を食べたあとは必ずガムを噛む

臭いが気になる方は常に持っておくようにしましょう。

臭い物を食べたあとは本当に自分の口ではないような臭いが感じられます。

うがいをすることでだいぶ消すことができますが、ガムが一番口の中をリフレッフュさせることができます!

そもそも原因はなに?

台湾の〇〇と言ったらこれ

台湾で臭いと言ったらこれです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

🌸SaSa.莎莎🌸台北 新北 桃園 台中 美食 親子(@sasa_finger_licking)がシェアした投稿

”臭豆腐”

初めて嗅ぐ方には刺激が強すぎるので気を付けましょう。

臭いに敏感な方は必ずマスクを着用の上、臭いを嗅ぐことをオススメしております。

これを嫌いな日本人も多いかも

これは台湾料理なら大体は入っているかもしれないものです。

そう。”八角”です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Azusa Kato(@bono01302000)がシェアした投稿

見た目はすごい綺麗ですよね〜臭いは強烈ですが、、、

八角が嫌いな人、苦手な人は台湾を楽しむことができないかもしれないと言えるほど、

台湾にいると必ず八角の臭いと味に遭遇します。

特に台湾のコンビニには”茶葉蛋”という卵があり、これは八角が入った茶色い液体に付けられています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

吃玩台灣(@tsuwantaiwan)がシェアした投稿

まさにこれです!

台湾のコンビニに入るとまずこの卵の臭いを嗅ぐことになるでしょう。

ローカルな台湾の飲食店でも同じように卵が置かれていますが、同じような臭いがします。

とにかく八角の国だと思ってしまってもいいでしょう。。。

台湾人が持つ臭いに対する感じ方の違い

そもそも臭いと思っていない

そもそも台湾の人はなぜこんなにも全面に臭いを出しているかというと、

臭いと思っていないのです。

むしろ、

いい匂いだと思っています。

臭い=美味しい

っていう考え方なのです。

これで納得できた方もいるかもしれません。

僕も友達からこの話をされたときは、驚きました。笑

しかし、中にはもちろん臭いが嫌いな台湾人もいました。

結局人それぞれというわけですね。

それを聞いて少し安心しました。笑

看板に書いてある字

台湾に行くとお店の看板に”臭”という字が書かれているものを多く見られるはずです。

これも台湾人の頭の中で、

臭=美味しい

というイメージがあるから、作られたそうです。

僕の経験から言うと、”臭”と書かれている看板のお店でも臭いというわけではありません。

むしろ普通に美味しいです。笑

まとめ

今回は台湾の臭い事情について、アイテムや思いついた対策などをまとめ書き出しました。

色々紹介しましたが、最低限マスクの持参は必ず行いたいものです。

基本的な臭い対策になってしまったかもしれませんが、それだけ台湾の臭いは強烈ということです。

是非、台湾に行く際は参考にしてみてください!