台湾

台湾のトイレは紙が流せないって噂は本当なの?台湾でトイレに行きたくなったらあれを探そう!

どこに旅行にいくにも意外に知っておいた方が良い事。

それは「トイレ」についての事。

知らないと大変なことになってしまうかもしれないので、必ず旅行に行く際はその国のトイレ事情について知ってくべきですね。

では台湾はどうなのでしょうか?

噂では、

・紙が流せない
・不衛生

などイメージもありますが、日本のトイレが世界一綺麗なのでそう思うのは当たり前かもしれませんね。

汚いのはともかく、「紙が流せない」のはちょっと抵抗がありますよね。

でもそういった噂はあるけれど本当なのでしょうか?

今回はそんな噂と台湾のトイレについて書いていこうと思います。

台湾のトイレでは紙が流せない?

紙が流せるのか?

まずここは皆さん気になるところですよね。

結論から言うと、

「流せる場所がほとんどです。」

嘘ではないけど本当でもない

台湾はたしかに流せる場所と流せない場所があります。

流せない場所に遭遇するほうが難しいかもしれません。

日本と比べると

やはり日本と比べると、当たり前ですが流せない場所は多いです。

日本で流せない場所なんか本当に古い家か、排水管が壊れているかぐらいしかないですからね。笑

他の国と比べると

台湾以外の他の国に比べると台湾はマシなほうかもしれませんね。

やはり国によっては流せない場所の方が多い国もあるので。

紙を流せない場所はどこか

ここで気になるのが、どういったところのトイレが紙が流せないか、ですよね。

実際に僕が流せなかったところをお伝えしていきます。

古い建物のトイレ

これは当たり前ですが、古い建物はトイレも何年前の便器を使っているかわからないぐらいですのことが多いです。

和式のトイレも多いので、トイレが和式のときは流せない可能性も高いので気を付けるようにしましょう!

安いホテル

これは僕の経験談ですが、やはり安いホテルは流せないところが多いイメージです。

もちろん安いホテルでも流せる場所はありますが、詰まる可能性も高いのでゴミ箱がある場合は流さないようにしてゴミ箱に紙を入れるようにしましょう!

自宅

これは僕の借りていた自宅のトイレです。笑

大家さんには何も言われなかったのですが、ある日紙を流すと詰まってしまったんですよね。

きっとトイレットペーパーのせいだろうと水に溶ける紙を使用したのですが、再度詰まってしまい流れなくなってしまいました。

びっくりですよね。笑

結局スッポンが奇跡的にあったので、なんとかなりましたが散々でした。

もし台湾に滞在中にどこか民家に入る場合は気を付けましょう。

紙を流せるか判断するにはどうすればよいのか

紙が流せないトイレがあるっていうのはわかったけど、どうやってそれを判断すればよいのでしょうか?

便器の周りをチェック

まずはトイレに入ったら、便器の周りをチェックしましょう!

そこに「ゴミ箱」があれば、おめでとうございます!

当たりのトイレです!

紙は流せないと思った方が良いでしょう。

ですが、ゴミ箱があっても流せるトイレも中にはあるので一概には判断できませんが、ゴミ箱がある場合は詰まる可能性があるかもしれないので、

ゴミ箱に紙を入れたほうが良いかもしれませんね。強制はしませんが。笑

トイレに貼られている紙をチェック

次にチェックしていただきたいのが、周りの壁です。

以下の文字があった場合は紙を流すことができません!

「請勿將衛生紙丟入馬桶內」

大体文字が読めなくてもわかるような紙が貼られていると思いますが、念のため覚えておくようにしましょう。

台湾のトイレについて

White toilet bowl concrete wall in bathroom

では少しだけ台湾のトイレ事情について書いていこうと思います!

台湾はトイレの数について

台湾はトイレの数自体多いのでしょうか。

これに関してはしっかり数えてないので、

僕の感覚でしかありませんが台湾にしては少ないと思います。

「あれだけ飲料水を売っているのに、すぐにトイレに行ける環境じゃないなんて頻尿の人はどうするんだ。」

とずっと考えていました。笑

まあカナダに比べたら、多いですけど!

日本と比べると

日本と比べると少ないイメージがですね。

そんなにすぐにトイレを見つけることはできないでしょう。

飲み物の飲みすぎないように!

建物自体が少ない

そもそも建物が少ないのはあるかもしれません。

もちろん台北の中心外でしたら、建物やコンビニが多いのでトイレにも行けるかもしれません。

必ずしもコンビニにトイレがあるとも限らない

トイレに行きたくなったらどこに行けばいいの?

ではトイレに行きたくなったら何を探せばいいのでしょか。

間違いなくある順にご紹介していきます。

地下鉄

台北で必ずトイレをみつけることができるのは地下鉄の駅です。

僕は毎日使っていましたし、トイレを探すときは必ず近くに駅がないか調べていました。

トイレに行きたくなったらまずは駅を探そう!

デパート

台湾特に大きい駅にはデパートが近くにあることがほとんどです。

そういうところにも必ずトイレはあるので、頭に入れて置きましょう。

コンビニ

大体のコンビニはトイレを完備しています。

ですが、あまり大きくないコンビニは使えないところも多いです。

また僕の住んでいた近くのコンビニはよく便器が詰まって使えないことがありました。

トイレの表示があるけれど利用できないこともある!

公園

公園もトイレがあるのとないのとあります。

台湾の割と綺麗なトイレや大きめの公園にはトイレがあるイメージです。

ですが、ここで注意していただきたのが、日本と違って紙が必ずしもあるとは限らないです!

僕いつもポケットティッシュをカバンにいれていたので、毎回助けられました。笑

友達が来た時も貸したりしていましたので、必ずポケットティッシュは持ち歩くことをオススメします。

用を足した後に紙がないことに気づいた時は大変ですからね。笑

特に一人旅の時であればならなおさらです。

必ずティッシュは持ち歩こう!

トイレットペーパーがないトイレもあるので要注意!

お寺

台湾にはたくさんのお寺があります。

お寺にもトイレがあることが多いので、すごく便利です!

日本と違い派手なお寺がたくさんあるので、是非トイレに行きがてら覗いてみてください!

トイレを探している時に使える中国語

じゃあお店の中でトイレがどこにあるかわかないや、ローカルなレストランに行った時にどこにトイレがあるか聞きたい時はどうすればいいのでしょうか?

答えは簡単です。

シンプルに聞くだけです。笑

中国語

トイレに関する中国語は以下の通りです!

・トイレはありますか?→有廁所嗎?(Yǒu cèsuǒ ma)
・トイレはどこですか?→廁所在哪裡?(Cèsuǒ zài nǎlǐ)
※洗手間(Xǐshǒujiān)→トイレ

台湾では「廁所(Cèsuǒ)」こちらの方が良く使われています。

もしものために覚えておきましょう!

まとめ

今回は台湾ではトイレの紙が流せないのは本当なのかについてお伝えしてきました。

もし台湾でトイレに行きたくなったら、
・駅を探しましょう!
そして必ず常備してほしいものは、
・ティッシュペーパーです!

この2つは頭に入れて置いてほしいと思います!

日本人にとって、トイレに紙が流せないのはカルチャーショックを受ける人がいるかもしれません。

ですが、こういったことも違う国に行ってその国の文化を感じることは旅行の醍醐味であるとも言えるでしょう。

まあトイレに紙が流せないことで感じるのは少し違うかもしれませんが、、、笑

違う文化に触れることはすごく視野が広がることでもあるので、些細なことでも経験だと思って楽しみましょう!